Let us stop eating denial as a staple food (Japanese Edition)

$4

【本書の概要】

 本書では「思いやりのない否定をしない」という軸に、人に優しく、思いやりを持って、相手に寄り添うことの尊さを述べております。

人生における主食を「否定」にするのではなく、「思いやり」、「愛」をモットーに生きる素晴らしさをお伝えしております。

具体的に相手に思いやりを持って接するために、「否定をしない心構え」というアクションプランを用意しております。科学的根拠をもとに、項目ごとに自分と向き合いながら、人に優しくする方法を学んでいくことができます。

 さらに本書を読み進めて頂くことで、「そもそもどうして人は他者に優しくする必要があるのか」の根拠についても、理論立ててご紹介しております。

もしよろしければ、以下本書にもある質問なのですが、質問内容についてご一考ください。

【突然ですが】

「あなたは人を否定し、傷つけているかもしれません。気づいていますか?」

 こちらの質問に「いやいや気づくも何も、自分は人を否定もしていないし、傷つけてはいないです。」と回答される方もいるかと思います。もちろん、人を否定し傷つけることなく、円満な人間関係を築かれている方もいらっしゃると思います。

 しかし、人は高い確率で自分を理解できていないことが、科学的に立証されています。約95%の人が自分のことを理解できていると思っていることに対して、実際には10~15%程度しか自分を理解できていないことが、心理学的に示されています。比較的高い確率で、自分は自分のことを理解できていないということです。したがって、知らず知らずの内に、人を傷つけているかもしれないということです。

 こちらの質問と真に向き合い、本書を読み終わるころには、皆様の明日を生きる希望になってくだされば、本当に幸いです。

【本書がお勧めな人】

・会社勤めで、人間関係に悩んでいる若手社員

・会社勤めで、部下のマネジメントを勉強したい上司

・子供の教育方法がわからない親

・夫婦円満になりたい人

・人間不信になっている人

・生きることが辛い人

・生きる意味を知りたい人

現状を辛いと思っている方や、現状をもっと良くしたいと思っている方、幸せになりたい方に、お勧めでございます。

【筆者の思い】

 本書の内容が、皆様の今後の人生をどのように生きるかを考えるきっかけになったり、前向きに人生を生きていくことができることの気づきになれば、本当に嬉しいです。

お互いがお互いを否定し合う負の連鎖を断ち切り、世界をハッピーにしていきたいと心の底から思っています。

世の中のイジメやハラスメントなどの負の連鎖をなくし、人々が安心して生きていける世界にしたい、そう心から願って、本書を作成しました。

【目次】

はじめに

 「あなたは人を否定し、傷つけているかもしれません。気づいていますか?」

 思いやりのない否定がイジメやハラスメントに繋がってくる。一人一人の意識で、負の連鎖はなくせる。

思いやりのない否定をしないための心構え

 人は自分のことがわからない生き物であり、それを認知していることが重要

 相手の立場に立って考えて、言動をする

 自分がされて嫌なことは相手にもしない

 相手が求めていないことはしない

 自分の常識を相手に押し付けない

 相手によって対応方法を変える

 相手がこれまで生きてきた環境を知るようにする

 相手も自分も責めない

 相手に誤解させない

 世の中で起こる全てのことを、他人事とは思わず自分事だと思う

 物事を断定的に決めつけない

 「目下の人だから」の精神を持たない

 人に期待しない

 明日人生が終わっても悔いのないように生きること

 「親しき仲にも礼儀あり」を忘れない

 他人と比べない

 自分が悪いと思ったら、素直に自分から謝る

 否定的な言葉は極力使わない

 第三者に相談し、フィードバックを受ける

 自分を労る

 腹式呼吸で、深呼吸をする習慣をつける

 笑顔で人と接することを心がける

 相手の話を最後まで聴くようにする

そもそもなぜ否定してはいけないのか

 「思いやりのない否定をしないための心構え」の元となる基本法則

おわりに


There are no comments yet.

Be the first to comment on “Let us stop eating denial as a staple food (Japanese Edition)”

Your email address will not be published. Required fields are marked *